So-net無料ブログ作成

「巨人の星」の「コンダラ」と「おしゃべりクラシック」の「コンダーラコーナー」 [その他]

今回のテーマはtamanossimoさんもブログでとりあげている内容です。 

我々の世代は、みんな「巨人の星」は見ていたと思います。その冒頭の主題歌で「思い込んだら試練の道を~♪」と歌い出すのですが、飛雄馬が手動の整地ローラーを引いているのが映ったっため、「オモイコンダラ」を「重いコンダラ」だと思って、あの整地ローラーを「コンダラ」または「コンダーラ」と勘違いしてしまった人が続出しました。

改めて実際にオープニングを見てみると、この歌詞の場面に聖地ローラーは登場していません。第12話で整地ローラーが登場したとき、バックに主題歌が流れていたため、誤解が生じたのではないかという説があります。

その後毎日放送(ラジオ)のMBSヤングタウンという番組でパーソナリティーを務めた谷村新司さん(1978-1986)が、聞き間違いや思い違いに関する「重いコンダラのコーナー」を立ち上げたところ、反響が大きかったのことです。また、NHK-FMの「おしゃべりクラシック」のパーソナリティーを務めていた渡邊徹さんが同様の勘違いをしていたところから、クラシックの曲と似ている曲を視聴者から応募して紹介するコーナーを「コンダーラコーナー」と名付けていました。1997年頃の話です。Cecillaさんの情報によれば、「気ままにクラシック」と名前が変わった後も、「どこ似てコーナー」として鈴木大介さんと中澤裕子さんの頃まで続いていたという話です。

そして「コンダラ」は俗語として世間に広まって定着していきます。今ではなんと、整地ローラーのことを「コンダラ」と呼ぶようになってしまったということです。フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』にまで掲載されています。こちらです。

「コンダーラコーナー」「どこ似てコーナー」で取り上げられた曲がどこかに載っているかと思って探したのですが、見当たりません。

では懐かしの巨人の星の主題歌をニコニコ動画でどうぞ(YouTubeでは適当なものがありませんでした)

 

にほんブログ村 クラシックブログ オーボエへにほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへにほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ 

ブログのランクがアップするので、よろしければ上のボタンを押してください。


nice!(5)  コメント(7)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 7

nomame

そんな裏話があったんですね。
笑いながら、でも興味深く読ませて頂きました。
by nomame (2010-05-20 21:14) 

センニン

こんばんは。
その話は知っています。
「うさぎおいしかのやま」
「おわれてみたのはいつのひか」
も子供は正しく理解できないかもしれませんね。
by センニン (2010-05-20 21:41) 

ながぐつ

nomameさん、コメントありがとうございます。
勘違いから新しい言葉ができるなんて、すごいですよね。
楽しい話です。
by ながぐつ (2010-05-20 22:52) 

ながぐつ

センニンさん、コメントありがとうございます。
やはりご存じでしたか。
ふるさと、赤とんぼ、昔は意味わかりませんでいた。ウサギを食べて美味しかったのかと・・・(^_^;)
by ながぐつ (2010-05-20 22:53) 

tamanossimo

うれしいっ!!

コンダラ・・・・
たいしたものね?!
ぎゃはははは~♪
by tamanossimo (2010-05-21 11:41) 

ながぐつ

tamanossimoさん、コメントありがとうございます。
お友達の勘違いも、まんざらではなかったでしょ?
世の中、同じような人が結構いるものですね(*^_^*)
by ながぐつ (2010-05-22 06:33) 

お名前(必須)

今更ですが。
おしゃクラの似てる曲を紹介するコーナーは「ウン?良く聞くとどこかにているぞコーナー」ですね。
コンダラコーナーは「重いコンダラ」や「良い爺さん(異人さん@赤い靴)」のように聞き間違いによる勘違いを募集するコーナー。特にクラシックに限定されておらず、ポップスとか童謡とか讃美歌とか曲のジャンル問わずだったはず。

by お名前(必須) (2018-12-04 10:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0